百寺巡礼10巻を読み終えた。

去年から断続的に読んでたんですわ。

 

明治維新の前と後では日本の仏教界の状況はだいぶと変わったんやろな。

それは神道との関係も含めて。

 

歴史を遡ってやり直すことは出来ひんけど神仏分離がなかったら今どんな感覚なんやろか?

神仏分離、廃仏毀釈の影響はかなり大きかったんやろう。

 

ごちゃごちゃは書きませんが、

いくつかの寺へ行ってみて、南山城辺りには山の古刹が多いってことに気づいた。

 

行くぞ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました