プロフィール

Cantete(カンテテ)

2011年設立、大阪を拠点に展開しているジュエリーブランド。
デザイン、制作、仕上げまで全ての工程を一貫して行う。

Canteteの「Can」は貫、「tete」は手手(自らの両手)。
「手作りを貫く」という思いを込めたブランドネーム。

「自然」「古典」に魅了され「曲線」「粒」を織り交ぜた
ジュエリーは古典的な美しさの中にも、いつの時代にも通じる
普遍的な美しさ、優しさを感じてもらえるものと確信しています。
あくまでも人が主役。その人を美しく魅せる。
全ては身に着ける人の「喜び」のために。

信念
「喜び」・・・身に着ける喜び、作る喜び
「美しさ」・・・美しさを求め、感じる心
「正直」・・・正直なものづくり

私が装身具とその制作に対して求めるもの
心が豊かになる
癒しとなり、元気づけられるような作品を作れたら嬉しいです。

美しく、ずっと残るもの作りたい
 仏像が着けている装身具を見ているとそう思えてきてなりません。
美しいものに時代や洋の東西は関係なし。

資源的にも無駄なく手作り
 素材や工具がないと何も作れないですからね。
貴金属も石も限りあるもの。全て大切に扱います。 

作る喜び、直す喜び
 恩師は何気なく言ったが、私には忘れられない大切な言葉。

奇麗な仕上げ
 装身具なので、やはり奇麗な方がいいです。

作風、モチーフについて
身近な自然
道端のコンクリートの割れ目に咲いている
とても小さな花が目に入ってきました。
小さくても美しく、可愛らしく、力強さを感じました。
元気をもらったんですね。
その時から身近に咲いている花や自然が好きになりました。

古典的な模様,文様
 模様?文様?紋様?色々ありますが好きなんです。

縁起物
 ラッキーチャーム!世界各地にたくさんありますね。
あなたにとってのラッキーチャームは何ですか?
あれば教えてください。作りたいです。

曲線と粒
 ある時、何故自分は唐草模様が好きなのか?と思いました。
その時に曲線が好きだと気づきました。そして粒も好きなんです。

デザイナー/制作者プロフィール 

1976年生まれ
21才で宝飾品加工職人の仕事を始め、大阪・京都で徹底的に
ジュエリーの制作技術や伝統的な技法、知識を身に着ける。
丁寧なものづくりと奇麗な仕上げへのこだわりは、
この修業時代に培われたもの。

京都国際工芸センター会員

 

オリジナルジュエリーのデザイン、制作、販売
オーダーメイド、修理、リフォーム
工芸品などの金具制作

賞暦:
2010年 第1回神戸ジュエリークラフトコンテスト 大賞受賞
2016年 第29回日本ジュエリー展 入選
2016年 第19回日本釦大賞 奨励賞
2018年 第30回日本ジュエリー展入選

工房/事務所

〒542-0081大阪市中央区南船場3丁目7-32 榎本ビル306
Tel:090-1029-8991
Mail:contact@cantete.com

大阪メトロ 心斎橋駅下車 徒歩約4分(御堂筋線)
本町駅下車  徒歩約10分(御堂筋線)
長堀橋駅下車 徒歩約10分(堺筋線)
堺筋本町駅  徒歩約14分(堺筋線)